100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

首こりが起きていませんか

パソコンなどの仕事に携わっていますと「長時間のうつむき姿勢」であるために、首コリが生じてきます。

 

首の筋肉がコリますと、首の中を走る神経に、さまざまな影響を与え、さまざまな体調不調へとなって行きます。

 

首には、多くの神経が縦横に張り巡らされていて、神経のスクランブル交差点のようになっていて、そのひとつに自律神経があります。

 

自律神経は、内臓の働きや血管、呼吸、体温などのの生命活動をコントロールしている神経で、人の意志と無関係に働いてくれています。首には、この自律神経が密集しています。

 

だから、首の筋肉がコルと、体の至る所にトラブルが起きて来るようになります。

 

自律神経が乱れますと、疲れがとれない、頭が重い、めまいがする、気分が落ち込みやすい,首や肩ガコル、すぐ横になりたくなる、風邪が引きやすくなった、足元がフラフラする、イライラする、手足が冷たいなどの症状が現れてきます。

 

こうした症状は、「長時間のうつむき姿勢」が原因です。

 

このような症状をお持ちでしたら、症状が軽いうちに治しましょう。

 

その不調がひどくなりますと、日常生活に支障をきたすほどの症状が現れてきます。

 

パソコリによるコリを解消す目為に、思いつくのかマッサージでないでしょうか

 

首には、たくさんの神経が走っていて、デリケート処手、安易にマッサージや治療に頼るのは禁物です。

 

改善するには

長時間のうつむき姿勢を続けないこと

15分に1度ぐらい首をやすませ、首を回すなとの運動をしましょう。

 首をホットタオルやドライヤーで温めてあげること

首を冷やさないように心掛けましょう。

首は、体の中でも冷えやすい部位で、エアコンの効いた室内にいますと、首の筋肉を冷やしてしまうことになります。 

 

首コリ予防・改善の食事

青い背をした魚、マグロ・サンマ・アジ・イワシを食べてください。

青背魚に多く含まれる脂肪酸、なかでもDHAが関係しています。このDHAは、脳や神経の働きを高めたり、血流をスムーズにする働きがあり、そうした作用が首の筋肉にいい作用をしてくれます。

 

疲れた時や体調が悪い時に、栄養ドリンク類に頼つていますと・・・・

 

その安易な行動が、のちに大きなしっぺ返しとなって、

あなたの体に襲い掛かるかも知れません……。

栄養になるはずの栄養ドリンクからしっぺ返しは・・・・。

ドリンク剤によっては少量のアルコールを含むものが存在しています。

アルコール入りのものは、飲んですぐ元気になりたいという短期的効果を狙うときにはいいかもしれませんが、実は、一種の興奮剤のようなものであるため、効き目が切れるとドット疲れが押し寄せてくることがあります。

ドリンク剤の成分として含まれているアルコールやカフェインは嗜好品ですから、依存症になる恐れがあります。

ドリンク剤には、低血糖からくる脳の働きを活性化させるために糖分がたくさん含まれているものも多く、毎日飲み続けると糖尿病や肥満につながることがあります。

ドリンク剤に含まれるアルコールとカフェインなどの成分が、すでに常用している薬との飲み合わせで障害を起こす危険性も避けられません。

風邪薬や気管支拡張剤とカフェインを一緒に摂ると、相互作用により、頭痛を引き起こすことがあります。

ドリンクを飲み続けますと、肝臓に負担をかけ、本当の病気の原因を隠してしまいます。

健康維持や回復に、一度に必要とする栄養素が摂取できる機能食品わお薦めします。

ワンデンフーズは、1日に人が必要とする栄要素、ビタミン8種類(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンE・ナイアシン・パテトテン酸)ミネラル4種類(亜鉛・カルシュウム・マグネシュウム・銅)が、一度に摂取できる国の規格基準に適合したサプリメントです。

www.kyoto-kenkou-mura.com