100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

癌を治すには、癌を治す機能の栄養素が必要

 癌になりますと、癌細胞を切除しり、抗がん剤治療になりますが、抗がん剤治療を続ければ続けるほど、腸内環境は悪くなり、その積み重ねによって、さらに悪玉菌が増え、免疫力や治癒力の回復が遅くなり、便秘になったりします。 

 

治癒力や免疫力を高める為には、サプリメント1つや2つで、癌に立ち向かうのでなく、身体に良いと思われることを総合的に取り入れください。

 

体の治癒力を高めれば、癌の進行を遅らせて、延命に効果がができます。

 

癌細胞を徹底的に攻撃するのではなく、生体の免疫力や自然治癒力を高めることで、癌の進行をストップさせ、癌と共存しながら延命を計るという考え方も、これからの癌治療には必要とされています。

 

癌に対する自然治癒力を高めるのに、食事の重要性を指摘する研究者が多くあります。

 

フォスター博士の研究では、ガンの自然退縮(消えて無くなること)した200人を調べたところ87%は根本的に食事を大きく変り、その食事は、菜食主義的な食事をしていたと報告されています。

 

昔から、野菜は血液をきれいに保ち、動物性食品(肉)は血を汚くすると信じられてきました。

 

実際、野菜の中には抗酸化物質や血小板凝集抑制作用を有する成分が多く含まれているため、野菜の摂取は血液の循環を改善し、新陳代謝や免疫力を向上し、治癒力を増強されることも期待でき、結果として癌の再発予防や治療の効果を高めることができます。

 

ただ単に免疫力だけに注目するのでは十分な効果は期待できません。

 

体全体の抵抗力と治癒力を総合的に高める視点が大切です。

 

体をつくるのは食物から取られる「栄養素」であり、自己治癒力の元も栄養素です。

 

食物を消化吸収する胃腸の働き、吸収した栄養を体の隅々まで行き渡らせるための血液循環、細胞や組織の新陳代謝を高めることが自己治癒力を高める必要条件になります。

 

私たちの体は、37兆個の膨大な細胞からできていて、その細胞ひとつひとつは、何らかな栄養素によってつくられています。

それぞれの細胞が必要とする栄養素があり、満たされていれば健康に過ごすことができますが 、細胞の栄養不足になりますと、体調不調になります。

栄養が十分に行き渡り、新陳代謝が活性化すると、細胞や組織の修復や再生能力は維持され、自律神経やホルモンが正常に働いて体全体の調和が保たれ、免疫力などの体の抵抗力が十分働くことができるのです。

このような条件が整った時に、免疫力を高めるような健康食品やサプリメントを利用すれば、抗癌力を最大限に高め、癌を自然退縮させることも不可能ではありません。

 

 健康を取り戻すためには、体の細胞が求める不足した栄養素を補うことが、一番の近道になります。

 

モリンガには、人にとって大切な栄養素が50種類以上、豊富に含まれていて、とくにビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれているのが特徴で、地球上で知られる約10万種もの可食植物の中で、最も高い栄養価を含んでいるといわれています。

モリンガは、たんぱく質を主成分(30%)に、食物繊維(26%)と、たぐいまれな程の多くの栄養素をバランスよく含むのが特徴です。

 

モリンガには、約50種以上の栄養価と、300種の薬効。46種類の抗酸化物質、36種類の抗炎症物質、19種類のアミノ酸、オメガ不飽和脂肪酸が含有されます。

www.kyoto-kenkou-mura.com