100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

栄養ドリンよりも体に良いリンゲル液

いよう 

簡単につくれるリンゲル液は、スポーツドリンクよりも体によい飲料水で、飲用することによって、細胞バランスが保てて、健康な日々が過ごせます。

 

リンゲル液は、点滴の一種類としても使われています。

 

点滴をすることによって症状が和らいだり、身体がラクになると感じることがあります。

 

私たちの体は、約60兆個の細胞から構成されています。

 

体が元気ということは、その一つ一つの細胞が元気だということです。

 

元気な細胞が集まってこそ元気な組織をつくることができ、その元気な組織が組み合わさって元気な器官をつくり、元気な器官が集まって元気な器官系をつくり、元気な器官系だからこそ、それが集まって1個体(人間)が元気に過ごせるのです。

 

反対に体が元気でないということは、一つ一つの細胞が元気がないということになります。これは酸・塩基平衡が崩れているということ、言い換えれば体液組成のバランスが崩れているということです。

 

リンゲル液=体液組成液は、「組織が蘇るための液」なのです。

 

体力が衰えたときに、点滴すると元気になるのはこのためです。

リンゲル液

材料:カルマックス 浄水200ml 蘇生塩2g 砂糖か蜂蜜小さじ3分の1

1.浄水200mlにカルマックスを10滴入れる。
2.次に、蘇生塩2gを入れる。
3.さらに、お好みで砂糖か蜂蜜を入れる。

よくかき混ぜれば、リンゲル液の出来上がります。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com