100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

老人性難聴改善体験談

私は、半年前から家内の話やテレビの音が聞こえにくくなり、生活に補聴器が必要な状態になっていました。 モリンガを飲み始めたのは、今年の2月10日から。
 
すると、3月を過ぎたこと頃から、補聴器がなくても、家内との会話やテレビの音が聞こえるようになってきました。
 
老人性難聴の原因とは?

老化が原因で起こる難聴を、「老人性難聴(加齢性難聴)」といいます。

老人性難聴の原因は、加齢です。

老人性難聴は、聴力の年齢による変化で、聴力が低下し始める年齢や、聴力低下の度合いは個人差が大きく見られます。
一般的に聴力は30代から変化しますが、聞こえの悪さが顕著に現れるのは60代ごろからと言われています。

さらに、言葉の聞き取り能力の低下により、音自体は聞き取ることができても、何を話しているのか分からないという状況が見られるのも老人性難難聴の特徴です。


なぜ、私の老人性難聴に改善の兆しが見えたのでしょうか?

耳の血流を良くすることで、老人性難聴が改善することがあるようです。

耳の血液の循環が悪くなると、聴覚器官や脳への神経伝達が十分に行われなくなってしまいます。血液の流れを良くすることが、難聴の進行を遅らせることにつながります。

難聴など耳の治療には、ビタミン剤が投与されることがあるようです。ビタミンBやEが効果的だそうです。

確かに、モリンガには、ビタミンB群やEが多く含まれています。これが、私の老人性難聴改善につながったのでないかと思っています。

これから、他にもモリンガの効果が出てくるのではないかと、楽しみにし、毎日飲用しています。

 

老人性難聴

「最近物忘れが激しくて…」「最近、新聞の字が読みにくくて…」など、年齢を重ねるとともに身体の節々に年齢による変化は現れます。それは耳も同様で、年齢とともに聞こえは誰しも悪くなっていきます。このような老化が原因で起こる難聴を、「老人性難聴(加齢性難聴)」といいます。

歳をとると、身体の節々にさまざまな変化が起こる。耳も同様に老化が進むことで、聞こえが悪くなってしまいます。

老人性難聴は、聴力の年齢による変化で、聴力が低下し始める年齢や、聴力低下の度合いは個人差が大きく見られます。 一般的に聴力は30代から変化しますが、聞こえの悪さが顕著に現れるのは60代ごろからと言われています。

老人性難聴の場合、突然聞こえが悪くなるのではなく、徐々に悪くなっていきます。高音域(高い音)から聞こえが悪くなり、しだいに普段会話をしている音域、低い音域まで聞き取りにくい範囲が広がっていきます。左の聴力または右の聴力だけが悪いというものではなく、両側の聴力が同時に低下していきます。

さらに、言葉の聞き取り能力の低下により、音自体は聞き取ることができても、何を話しているのか分からないという状況が見られるのも老人性難聴の特徴です。

これは、言葉の聞き取り能力が低下していることが原因です。 老人性難聴の原因は、加齢です。 内耳り蝸牛という部分には、音を感じ取るセンサーといえる「有毛細胞」かあり、加齢と共に有毛細胞の毛が折れたり、細胞自体が剥がれ落ちたりして、有毛細胞が減少してしまいます。 内耳から脳への経路に起きる障害、蝸牛の血管の障害,聴神経の機能低下など感音器だけでなく様々な原因が重なることで老人性難視は起こってきます。

耳の血流を良くする

耳の血液の循環が悪くなると、聴覚器官や脳への神経伝達が十分に行われなくなってしまいます。血液の流れを良くすることが、難聴の進行を遅らせることにつながります。 血液の流れを良くするためには、バランスの取れた食事や適度な運動を取り入れることが大切です

老人性難聴や物忘れは、栄養不足から

日本の食卓で不足している栄養素は、カルシュウム・鉄・ビタミンA・ビタミンD・ビタミンB6・ビタミンC・植物繊維で、カルシュウム不足は、骨に必要な栄養素だけでなく、高血圧、動脈硬化認知障害、免疫異常、糖尿病、肥満、腫瘍、軟骨変性と変形性関節症などを発症する恐れがあります。

 

サプリメント – KYOTO 健康村