100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

とにかく危ない食品添加物

市販の加工品は、保存料、着色剤、甘味料、香料、安定剤、酸化防止剤など多くの添加物が使用されています。

これは、厚生労働省が安全性を確認されたものですが、しかし、多くの食品を食べているのが現実で、体にダメージを与えて、アトピーや花粉症、癌などの病気が増えています。

 

食の欧米化が進み、ハムやソーセージなどの加工品を食べるようになり、食品を腐らないようにする防腐剤が使用されていて、その防腐剤によって、腸内の細菌の働きが悪くなり、戦前と比べますと便の量が、約半分になっているそうです。

 

ひとつの食品に含まれている添加物の量がわずかであっても、毎日、多くの食品を食べていれば、腸内フローラに大きなダメージを与え、さまざまな健康被害を引き起こすようになります。

 

便秘の原因は、食物繊維の摂取が減り、添加物の摂取か増えているからです。

添加物などの化学物資の日本人の1人の摂取量は、世界の中でもダントッで年間で約4.5kg食していて、その一部は、体内に蓄積されて行きます。

 

 

プロテサンを飲用しますと、善玉菌が増やし、腸内バランスを整えて、白血球を活性化したり、ビタミンなと身体に必要な成分を作り出してくれます。 

基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるプロテサンFK-23菌は