100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

腸が弱まってくると確実に病気になる

免疫細胞の60~80%が腸管周辺に集まっていて、健康な腸壁の内側は粘液で保護されていて、この粘液を通して栄養を取り込みます。

細菌・ウイルス・がん細胞などを攻撃する抗体も腸のすぐ近くで作られていますが、腸の健康が損なわれますと保護機能が働かず、病原菌が腸壁から体内に侵入してしまいます。

さまざまな病気を予防するには、腸の健康を維持することが大切で、腸の不調は万病の元、と言っても過言でないでしょう。

人間の持つ免疫細胞に、マクロファージという白血球があり、全身に存在し、外部から侵入した病原菌を飲み込んで無力化してくれます。

他にも劣化した細胞などを処理する清掃屋の役割をし、若々しい体づくりに欠かせない存在です。

白血球の多い、少ないは個人差はありますが、白血球が減っていることは、免疫力が低下していることになります。

白血球が減る原因として最も多いと言われているのが、薬の服用です。他に疲れやストレス、加齢、生活習慣が原因しているで事もあります。

 

食生活を変えることで白血球に働きかけ、免疫力を高めることができます。豊かな自然で育ち、植物繊維がたっぷりな野菜は、免疫細胞をパワーアップしてくれます。

 

プロテサンを飲用しますと、善玉菌が増えて腸内バランスを整えて、白血球を活性化させる働きがある他、ビタミンなと身体に必要な成分を作り出してくれます。 

基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるプロテサンFK-23菌は