100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

FK-23菌は、老化細胞を抑える濃縮乳酸菌

知らず知らずのうちに体内に毒素を溜め込み、その毒素が体をサビつかせて、老化や病気のもととなる活性酸素を発生させます。

活性酸素は、腸内細菌のバランスを崩し、免疫力を低下させ、癌など様々病気を発症させます。

腸を守り、若々しく健康で生きて行く為には、善玉菌を増やすFK-23菌と抗酸化力の強い食品を摂ることが大切になります。

 

7色の野菜が腸内を守り、命を守ります。

ニンジンのカロテンやぶどうのポリフェノール、緑茶のカテキンです。

食材の色味を参考に「赤・橙・黄・緑・紫・黒・白」と7色を目安に食べる事で、バランスよく摂取することができます。

ポリフェノール

赤ワイン・ぶどう・ブルーベリー・アントシアニン

サポニン

大豆・インゲン豆・ひよこ豆・ニンニク・たまねぎ

イオウ化合物

キャベツ・カリフラワー・わさび・大根

カロチノイド

ニンジン・トマト・柿・すいか・カボチャ

テルペン

レモン・カボス・ハーブ類

 

プロテサンFK-23菌は、善玉菌を増やし、活性酸素を抑えて 腸内環境を整えることによって、きれいな血液を作り出してくれます。

 

基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるのて、病気を遠退けてくれます。

プロテサン – KYOTO 健康村