100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

低温体質は癌を呼び込む

低体温の原因の9割は筋肉量の低下と考えられます。50年前と今では日本人の体温の平均は0.7度近く下がっています。
その理由の1つとして、現在のライフスタイルが、明らかな運動不足になっていることが挙げられます。

 

家事ひとつをとっても、50年前はすべて手作業で掃除、洗濯、料理などを行い、その上で畑仕事をするなど、日常的な運動量が大変多かったのです。それに比べ、現代の生活では、乗り物や家電の充実によって日常生活における運動量は低下しています。

 

運動量の低下にともなって、筋肉量が減少します。筋肉は人体最大の熱産生器官ですから、筋肉が少なくなると、体温も下がり、基礎代謝も下がります。基礎代謝とはじっとしているときでも体内でエネルギーを消費していること。基礎代謝が落ちれば、カロリーが消費されにくくなって、内臓脂肪が増加してしまうのです。

 

この内臓脂肪組織から、20種類以上の悪玉ホルモン(アディポサイトカイン)が分泌されていることがわかっています。これらが血管に炎症をもたらすことにより血栓を作りやすくなったり、インスリンの働きを弱めてしまうことにより、がんや高血圧、糖尿病の元凶となることが解明されています。


加齢とともに基礎代謝は落ちていきますから、筋肉量を増やすことはあらゆる病気対策に必要なのです。

 

私たちの筋肉を作っているのは、食事で摂った栄養素です。筋肉を作る食材には、カツオやカジキ、マグロ、鶏胸肉などがあります。そこで、たとえば白身魚をカツオへ、牛肉や豚肉を鶏胸肉へ代えてみるだけでも、筋肉を作る効果が変わってきます。

これらを上手に食事に加えて積極的に摂ることが、筋肉アップにつながるのです。

 

その理由は、筋肉成分「イミダゾールペプチド」が含まれているから。時速100kmものスピードで休みなく泳ぎ続けるカツオなどの回遊漁や、長時間飛び続ける渡り鳥の運動パワーの源としても、このイミダゾールペプチドが深く関係しています。

 

プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。 

プロテサン – KYOTO 健康村