100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

花粉症対策は、免疫システムから改善

これから花粉症の季節を迎えますが、花粉症になる方は、悪玉菌が多くて、腸内環境が悪い方です。 悪玉菌が増えることは、免疫バランスが崩れている証拠で、症状の軽減または治すためには、食生活を変えることです。昔ながら和食に切り替えるだけで、改善でき方は多く居られます。

 

腸内環境を整えるのに濃縮乳酸菌を摂取することは、花粉症改善に、とても有効的な方法です。 悪玉菌は、動物性脂肪・動物性たんぱく質を大好物としています。これらを多くとり悪玉菌の勢力が拡大すると、人間にとって有害な成分が腸内にあふれ、腸内が腐敗し、免疫力が低下し、その害は全身におよび、アレルギー、病気、老化を促進させます。

 

アレルギーの子供の腸内には、乳酸菌が少ないともいわれています。つまり、乳酸菌が増えれば、免疫反応のバランスが整い、アレルギーの発症を抑えることが期待できるのです。

 

乳酸菌といっても種類はいろいろあります。アレルギー疾患に強い効果があるのは、免疫バランス改善力を持った特定の乳酸菌です。 この種類の乳酸菌には、体内の免疫バランスを整え、体の内側から免疫力を高めることで、根本的なアレルギー体質の改善が期待できます。 「対症療法ではない身体の内側からのアレルギー等の体質改善を促す。」そんな乳酸菌の持つ安心な効果が、今非常に注目されているのです。

FK-23は、抗アレルギー作用が論文で報告されています。

 

自然治癒力とは、身体の機能バランスを正常に保ち、花粉などの病原菌の侵入から身体を守る自己防衛力と、傷ついたり古くなった細胞を修復する自己再生力のことです。自然治癒力を高めることは、自己防衛力と自己再生力を高めることで、アミノ酸をバランスよく摂取することが大切になります。 アミノ酸の働きは、免疫細胞を作ったり、活性化させたりする働きがあります。自然治癒力とは、免疫力そのもののことなのです。免疫細胞のバランスが取れていて、免疫力が高い状態であることで、自然治癒力が発揮されます。

 プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。

プロテサン – KYOTO 健康村