100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

美肌を生み出す乳酸菌

体調は皮ふの状態に現れやすく、内科や皮膚科は皮ふの状態をみて、診断の材料にしています。健康を保つことは、美しい肌をつくる基本といえるでしょう。内臓の働きが悪かったり、便秘などで体内の老廃物の排出がスムーズでなくなると肌にも影響が出てきます。

体調を映し出す肌

 「美肌は腸から」とも言われるほど肌と腸の関係は深い関係です。また、腸の状態は肌のみだけではなく、健康にも重要な役目を担っているとも言われています。

腸内環境が悪化し、腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌が優勢となってしまうと、食事によって摂取した栄養素が十分に吸収されなくなり、体内で栄養不足が生じてしまいます。その栄養不足の影響で肌の乾燥などの肌トラブルを引き起こしてしまうと言われています。

 

昔から、「25歳はお肌の曲がり角」などといわれていますが、これは、腸内細菌のバランスと関係しています。

腸内でつくられる毒素物質が体内に吸収されると、これは、最終的に肌から外に排出されようとします。

このときは、吹出物や湿疹がひどくなり、肌荒れも目立つようになります。特に女性がお酒を飲んだ後、肌が荒れるのはこのためです。

乳酸菌には、肌のバランスを保ったり、いろいろな炎症を修復してくれるビタミンB群を合成する働きがあります。

便通を整えたり、新陳代謝も良くし、血液循環も整えます。

善玉菌を優勢にしておけば、 肌も一段と輝き化粧のノリもスムースに仕上がります。美肌は腸でつくられているのです。

体調不良は、内科で診断の材料になるほど、肌には内臓をはじめ体調の不調が現れてきます。
肌の外側からのケアも大切ですが、内側を健やかに保つことも、とても大切!肌の調子が悪いなと感じたら、お手入れだけでなく、体調そのものにも気をつかってみましょう。

アンケート調査

肌が白くなった・しっとり感がでてきたの結果を得られました。

これらは紫外線による炎症性免疫細胞の過剰蓄積などに対して、FK-23抽出物が何らかの免疫調整作用の働き掛けがあるからです。

 

 

プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。

プロテサンFK-23菌は