100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

免疫力は、腸内環境を整えればグートとアップ

腸内細菌は、人間の体にとっては異物で、腸内細菌の表面にある糖鎖と呼ばれる部分のが抗原となって小腸を刺激し、人間の体の免疫を調整すると考えられています。

小腸は、免疫全体をコントロールする前線基地になります。

日本では、アトピーや花粉症で病む方がふえていますが、その原因は、食生活の乱れ、生活習慣の急激な変化によって、腸内環境も悪化によるものです。

癌の再発や転移も免疫機能の低下によるもので、病気を克服する為には、免疫機能を高めることが、健康になる最も近道です。

腸内環境が整えば、末期癌や生存率30%の病から生還できる人もあるのです。

 

プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。

プロテサンFK-23菌は