100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

老化の原因は、体の酸化

老化の原因は体の「酸化」で、肩こりや慢性疲労、肌荒れ、高血圧など、様々な症状が現れ始めます。

体の老化はどうしたら防げるのか?

体が酸化すると、肩こりや慢性疲労、肌荒れ、高血圧などの老化現象が次々に発生。若々しさをうまく保てないと考えられています。

そして体の酸化を引き起こすのが、「活性酸素」という物質です。

この活性酸素が過剰に増えすぎると、体が酸化によるダメージを受け、様々な現象を引き起こします。

老化防止の鍵は「肝臓」

肝臓は「若々しさを生み出す工場」として例えられるほど、老化と密接な関係を持っています。

肝臓が酸化によるダメージを受けると、肝臓が持つ重要な機能が低下してしまい、老化が加速していきます。

しかも厄介なことに、肝臓は数ある内臓の中でも非常に酸化によるダメージが大きい臓器と言われているため、いかに抗酸化力を高め、体の酸化を防ぐかが重要になってきます。

抗酸化力は40代から急速に低下すると言われています。

抗酸化力は補うことをやめてしまうと、どんどん低下の一途をたどります。つまり、老化スピードが加速してしまうのです。

抗酸化力は補い続けることが大切なのです。

体の酸化の原因となる活性酸素は、体に強いストレスがかかることで増加すると言われています。

春・夏・秋・冬、それぞれの季節特有の現象が、想像以上に体にストレスを与え、活性酸素を過剰に発生させます。

これがいわゆる「季節老化」で要注意です。季節老化に立ち向かうためにも、一年を通して抗酸化力を高める対策が必要です。

活性酸素から身を守るステビア