100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

悪玉コレステロールは悪者ではない

コレステロールは低ければいいというものではなく、悪玉コレステロールだって一定量は必要なんです。

 

悪者にされているコレステロールですが、実際には健康な体づくりと生命維持には欠かせない、とても大事な成分なのです。

 

人間の体は60兆個もの細胞からできています。

 

コレステロールはこの細胞を構成する「細胞膜」の材料であり、非常に重量な脂質の一種です。

 

ホルモンの材料になる体の機能を調節し、心身の健康を保つために重量なホルモンの材料になります。

 

副腎皮質ホルモンや、男性ホルモン、女性ホルモンが挙げられます。

 

胆汁酸の材料になる

 

脂肪の消化吸収を助けるはたらきをもつ「胆汁酸」は、肝臓で作られます。

 

このとき、材料になるのがコレステロールです。

 

このように、コレステロールは生命維持に重要な役割を果たしており、必要不可欠であることがわかります。

 

食品からコレステロールを多量に摂取しすぎた場合は、体内での生産量が減らされ、全体としてのコレステロール量が調節されるのです。

 

肝臓で生産される量の方が圧倒的に多いので、肝臓での生産量を減らせば十分調節することができます。

 

注意したいのは、肝機能が低下している人。

 

肝臓が弱っている、あるいは肝臓が他の仕事で忙しすぎる場合この調節機能がうまく働かず、コレステロール過多となってしまいます。

 

健康な人なら肝臓で十分に調節されるので、食べ物のせいで健康に支障をきたすことはありません。

 

悪玉コレステロールは、体の各所にコレステロールを運ぶ役割をもっています。

 

コレステロールも多い状態になる=悪玉コレステロールが増えると、コレステロールが運ばれすぎてしまい、余った分が血管の壁に潜り込み、動脈硬化等を引き起こす原因となります。

善玉コレステロールは、余って血管の壁に張り付いたコレステロールを回収し、動脈硬化を防ぐはたらきがあります。

 

善玉コレステロールが少ないと、余ったコレステロールを回収できず、血液がどろどろになり、動脈硬化になる可能性が高くなってしまいます。

 

悪玉コレステロールは多すぎると悪影響をきたすので、血液中で140mg/dl以上になると「脂質異常症」とされます。脂質異常症とは、簡単に言うと血液がどろどろの状態で、動脈硬化心筋梗塞のリスクが高い状態のことです。

 

逆に、善玉コレステロールは少なすぎると余分なコレステロールを回収できずに悪影響が生じるので、40mg/dl以下が脂質異常症となります。

 

そこで指標のひとつとされるのが、「悪玉(LDL)コレステロール/善玉(HDL)コレステロール」で求められるLH比です。

 

例えば、悪玉コレステロールが130mg/dl、善玉コレステロールが50mg/dlの場合、LH比は2.6となります。

 

LH比が2.5以上だと動脈硬化などのリスクが高まります。

 

また、他の病気(高血圧など)や喫煙も動脈硬化のリスクを高めますので、他の病気がない場合は2.00以下、他の病気があるなどの場合は、1.5以下になるとよいとされています。

 

実際に、悪玉(LDL)コレステロール値が基準内でも善玉(HDL)コレステロールが少ないと、心筋梗塞のリスクが高まることが報告されています。

 

プロテサンは、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロール中性脂肪を減少させるという、医薬品でも難しい脂質にたいする理想的な働きをしてくれます。

 

プロテサンは、動脈硬化を予防・改善するだけでなく、腸内細菌叢を改善させ、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させて、癌の予防や縮小に抗がん力を発揮してくれます。

記事 – KYOTO 健康村