100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

ステビアエキスの抗がん力

ステビアには植物レベルで緑茶の7倍の抗酸化作用があって、ステビア濃縮液には非常にその働きが強いことが、東北大学の研究で明らかにされています。

日本大学の滝片道夫教授は、ステビアの発ガン抑制作用があることを発表されています。

 

ところで、抗酸化作用というのは、つまり活性酸素の除去作用があるということです。

 

活性酸素とは、私たちが呼吸によって取り入れている酸素のうち、約2~4%が特に活性の激しい酸素に変化します。

 

私たちの体の中の細胞も活性酸素に攻撃されると酸化してしまいます。

 

このことが老化をはじめとする、病気の発生原因になることがわかってきたのです。

 

1956年に、アメリカのネブラスカ大学教授であつた、D・ハーマン博士が「ガンをはじめとする、生活習慣病や慢性疾患の90%には、活性酸素がその原因として関係している」という内容の学説を発表されました。

 

1980年代になると、トッター博士やワイツマン博士により活性酸素は直接ガンの発生要因となることが突きとめられました

ステビアには、現代人に必要なものが、とてもバランスよく含まれています。

たとえば、欠如しがちなベーター・カロチン、これは呼吸器、消化器の障害を防ぎ、皮膚の角質化を防ぐ作用があります。

 

ビタミンB1口内炎、皮膚炎、かゆみなどを防ぎ、ビタミン氏は肝機能障害を抑制し、カルシウムは骨や歯を丈夫にします。

 

カリウムは食事の偏食、野菜嫌いなどからくる筋力の低下や腸閉塞などを防ぎ、ビオチンは皮膚に、鉄分は血液中のへモグロビンの構成に必要です。

 

また、葉緑素に似た作用があり、病気の原因である物質の中和、強肝作用、皮膚炎の防止、整腸作用など血液の成分には必要な物質ばかりです。

 

これらの成分を補給することにより、バランスの崩れた血液を正常に戻します。

 

スバ抜けた抗酸力・・・・高血圧、動脈硬化が原因となって起こる脳卒中心筋梗塞などの血流障害、肝機能障害、糖尿病、アトピー症などから体を守ります。

 

食物汚染や環境ホルモンに対する解毒力・・・胃かいようや、アレルギー症の元凶であるヒスタミンを分解し解毒します。

 

抗菌、抗ウイルス作用・・・・ウイルス感染抑制作用や殺菌作用で体を守る働きがあります。

免疫カと抵抗力をアップ・・・・生体の器官や組織細胞を傷つけて、生活習慣病やガンなどの原因となる活性酸素に致命的をダメージを与えます。

 

しかも、白血球やりンパ球などの免疫細胞が活性酸素から攻撃されるのを守り,体の免疫力を増進させます。

 

その他に老化を抑えたり、薬の副作用から体を守ってくれます。

 

ステビアエキスは、人間の細胞一つ一つがブドウ糖を取り込みエネルギーに変えるサイクルを応援しては早めてくれます。

 

ステビアエキスは人間の元気の応援団て、どこの臓器だけ悪いなどということわなく、全身が元気になる過程で、臓器がみんな元気になり、最終的に全身が元気になります。

ステビアエキス癌克服体験談

脳腫瘍の進行が止まった

癌細胞の発症を抑制するステビア

大腸がん末期から生還

脳腫瘍の進行が止まった

KYOTO健康村TOP