100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

ストレス・疲労を解消 するHealy

身の回りには、細菌やウイルス、ほこりや汚染物質など、身体に有害なものがたくさん存在しています。

 

そのような物質にさらされても病気にならないのは、それらの有害物質を身体から排除する、免疫という防護システムがあるためです。

 

免疫機能は、身体を若々しく健康に保つ力ですが、ストレスが過剰になったり生活習慣が乱れたりすると、正常に機能できなくなります。

 

免疫が正常に機能するための鍵となるのは、自律神経がバランスよく働いているかどうかです。

 

循環器や消化器、呼吸器などの活動を調整するため、自分の意思とは無関係に24時間働き続けているのが自律神経です。

 

自動的に反応する神経のため、呼吸・血液循環・体温調節・消化・排泄・生殖・免疫などの機能を無意識に調整しており、生命維持には欠かせないものです。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

 

交感神経はおもに日中、活動している時に優位になります。

 

全身の活動力を高める神経で、血圧や血糖を上げたり、血液を筋肉や脳に集める働きがあります。

 

副交感神経はおもに夜間、リラックスしているときに優位に働きます。

 

身体を回復させる神経で、内臓の機能を高めたり、免疫機能を正常にする作用があります。

 

「ストレスは悪い」というイメージがありますが、全くストレスがない状態よりも、多少はある方が生活にメリハリがつき、仕事や勉強も進めやすくなります。

 

しかし、長期間にわたって強いストレスにさらされると、自律神経の働きが乱れ、常に交感神経ばかりが優位になってしまいます。

 

そうなると、免疫機能が正常に働きません。

 

どのようなことを心がければ、自律神経のバランスを整える=免疫機能を正常に保つことができるのでしょうか?

 

自律神経の働きは、心理状態に大きく影響されます。

 

ストレスに対処することが最も大切なポイントといえるでしょう。

 

そしてもちろん、生活習慣を見直すことも必要です。

 

よい生活習慣の人ほど長生きであるという研究があります。

 

「喫煙をしない」「飲酒は適度か全くしない」「定期的に運勤をする」「適正体重を保つ」「7~8時間の睡眠をとる」「朝食を食べる」といったよい習慣が多くある人ほど、身体的・精神的な健康度が高くなっています。

 

生活習慣を改善する時期は若いほどよいのですが、年をとってからでも遅すぎるということはないのです。

コロナに負けないドイツ生まれの新しい健康法

医療や薬、健康食品だけでは、本当の健康は得られていません。

これからは、自律神経のバランスを整えて、免疫機能を正常に保つドイツ生まれの健康法を取り入れてください。

Healyは、1440.000通りの周波数で、肺や腸などの臓器・デトックス・電磁波・チャクラ・睡眠・精神・美容(肌・髪)・腰・骨格・学習・仕事・ストレス・生理・ホルモン・筋肉など120以上のプログラムで、カラダを調整ホローしてくれます。

 

Healyは、環境汚染物質、有害物質、不健康な食生活、そのほかのネガティブな因子などのエネルギーの影響から生命体エネルギーフィールトが回復するサポートをしてくれるプログラムもあります。

 

 

自律神経の整え方 – KYOTO 健康村