100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナウイルス肺炎を防ぐポイント

国内で新型ノロウイルス肝炎2例目を確認

インフルエンザなどの呼吸器感染症対策を徹底しましょう。

 

人の多いところに出かける場合は、マスクをしましょう。

 

手をこまめに洗いましょう。

 

睡眠を充分にとりましょう。

 

高齢者、受験生、アスリートも注意

ウイルスを防御する免疫力は、30代をピークに低下し、免疫細胞の一種であるNK 細胞の活性は、一定の年齢を過ぎると低下します。

NK細胞の活性が低いと、肺炎や癌発症率が上がります。

激しい運動をするアスリートも免疫が低下しやすいことが分かってきました。

プレッシャーや不安など過酷な精神的ストレスを抱える受験生も要注意です。

「自分は健康」と思っていても、過信は禁物。私たちは日ごろから、内にも外にも免疫低下リスクを抱えています。

意識して免疫力を高める食生活を心がけてください。

免疫力は、私たちが日々とる食事によっても支えられています。

免疫細胞や筋肉の材料となるのがタンパク質ですが、このタンパク質の摂取量は、1950年代と同じ水準まで減少しています。

また、活性酸素を無毒化する抗酸化物質や免疫機能を司る腸内環境を整えるために欠かせない食物繊維を含む野菜の摂取量も、昭和40年と比べて1人1年当たりで17.3kgも減少。

年代別の野菜摂取量を見ても、全年代で1日当たりの摂取目標量である350gには到達していません。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト