100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

中国の新型肺炎の予防にFK-23菌

中国国営メディアは26日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス
の感染による中国本土の死者が56人、発症者は1975人、疑い者2684人と報じられています。

 

台湾とマカオでも1人ずつの発症。

 

米国でも発狂者が初確認され拡大が明らかになっています。

 

肺炎などの感染症にFK-23菌を酵素処理して細かく砕いたLFKの働きが注目されています。

 

副作用のない予防方法として、乳酸菌の摂取が感染症予防に、非常に効果的である事が、様々なから実証されています。

 

f:id:kyotomura4592:20190303055527j:plain

LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

 

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげることも確認されたのです。

 

がん治療中の方の多くは、がんではない方と比べると、免疫機能が低下する傾向があります。

 

免疫機能が低下した状態で感染症にかかった場合、通常より重症化する危険性があります。

 

乳酸菌は、腸内細菌叢を整えて病原菌の侵入を防ぐことや、腸にある免疫細胞を刺激することで、病原体の体内への侵入に対し素早く免疫細胞が応答し、病原体を排除するためと考えられています。

www.kyoto-kenkou-mura.com