100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

動物が薬を作り出す時代に・・・

薬剤メーカーでは、こんな薬の開発が行われています。

 

羊の胎児(たいじ)の体細胞を採取し、ヒトの遺伝子を導入され、次に核を除いた羊の未受精卵に、ヒトの遺伝子を組み込んだ体細胞の核を移植されるそうです。

 

それを代理母へ移植すると、ヒトの遺伝子を持つ羊が誕生するそうです。

 

その羊は人間の薬になるタンパク質を含むミルクを作り出しすようになるそうです。

 

このように羊を、クローン技術で大量に増やしてたくさんのミルクを作り、そこから薬を作りだすそうです。

 

※クローン技術とは、遺伝的に同じ個体や細胞を作る技術のことです。

 

そんなクーロンによってつくられた薬を、近い将来に飲むようになります。

 

動物におけるクローンには受精卵クローンと体細胞の一部を使う体細胞クローンがあるそうです。

 

薬で病気が克服できる時代が、本当にくるのでしょうか。