100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

飲み薬をひとつ減らすだけで、長生きができます。

で長生きできるという証明された医学的データーは、どこの国にもありません。

 

近頃、週刊誌が薬の副作用や薬害を掲載されていますが、薬は、万人に同じように効くものではありません。

 

薬の副作用によって、他の病気が発症したり、寿命を縮める薬もあります。

 

薬は医者によって、一方的に処方されるのでなく、なんでも相談できる医者が本当の名医でないでしょうか。

 

飲む薬が増えれば増えるほど、その薬の成分が影響し合い「相互作用」複雑になり、未知の副作用が出ることもあります。

 

日本人は、必要ない薬まて多く飲まされています。

 

薬の飲む量が増えれば増えるほど、体の負担が大きくなり、蓄積して行きます。

 

薬は、体にとっては、毒ですから、少ないほど体にはよいのです。

 

自分にとって減らしてもよい薬を探して、薬を減らしましょう。

 

血圧の薬は、血圧を下げ過ぎて脳や目、腎臓にダメージを与えます。

 

血糖値の薬は、膀胱がんのリスクがあり、フランスでは禁止薬に指定されています。

 

中性脂肪の薬は、脳出血の危険が伴います。

 

骨粗しょう症の薬は、骨を強くするのでなく、逆に骨が弱くなります。

 

認知症の薬は、効能は半年が限界、あまり効果がありません。

 

病気を治すのは、自分の体に備わってる治癒力です。

 

生活習慣や食生活を見直すこと大切です。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com