100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

コレステロールは「長寿薬」

癌やウイルスを跳ね返す細胞膜の材料となっているのが、コレステロールです。

 

コレステロール値が高い男性は、長生きするそうです。

 

アメリカにおいて1960年代に、動物性脂肪の多い肉類、コレステロールの多い卵などを控え、リノール酸の多い植物油を増やせば、コレステロール値が下がって動脈硬化や心臓病を予防できるとの仮説に基づいた栄養指導で大規模な臨床試験をされました。

 

結果として、心臓死亡率も総死亡率に違いがなかたそうです。

 

18年間及ぶフインランドでも、栄養指導を受けた方の心臓死亡率は2倍以上高く、総死亡率1.4倍高い結果になったそうです。

 

ロールと血液中のコレステロールは関係ないと発表されています。

 

1975年に国立栄養食品中のコレステ研究所でも実験が行われて、同様な結果となっています。

 

記事 – KYOTO 健康村