100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

犬アトピー皮膚炎

f:id:kyotomura4592:20191024043434j:plain

犬の皮膚は皮脂と角質によってバリア機能が保たれており、アレルゲンを含む外部からのさまざまな刺激が入ってこないようになっています。

ところが、アトピー性皮膚炎の犬の皮膚はこのバリア機能が低下しているため、アレルゲンが簡単に皮膚の中に入ってきてしまいます。

また症状の悪化因子として細菌、マラセチアなどが関係していると言われています。

犬のアトピー皮膚炎は、3歳ごろまでにから発症して症状が消失せず、生涯付き合っていく事になります。

室内飼育の為に、季節性でなく通年性になっています。

原因は花粉だけでなく、ハウスタストマイトなど食事性と環境性とがあります。

治療はステロイトが主流でしたが、近年は安全性の高い新薬が使用されるなって来ています。

 

東京農工大学麻布大学東京大学との共同研究

濃縮乳酸菌FK-23菌3000億個を投与実験