100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

高温調理で老化物質が発生

肉の高温調理で老化の原因物質が発生

f:id:kyotomura4592:20191012061411j:plain

 

老化は、体力や脳の衰え、肌のシミやシワ、血管や内臓などのあちらこちをむしばみ、糖尿病、心筋梗塞脳梗塞、癌などを引き起こす引き金となります。

 

終末糖化物質AGEは、油を使うなどして120℃以上になると大量に発生し、強い毒性を持ち、老化を進める原因物質です。

 

ジャガイモを高温で加熱すると、アクリルアミドと言う毒性の物質が大量に発生し、発がん性物質です。

 

タンパク質と糖質が含まれる食品を高温加熱をしますと、毒性の高い物質が発生しますので、いますぐ調理法を見直しましょう。

 

老化物質をつくらない調理法

 

蒸す・ゆでる・煮る・生食

www.kyoto-kenkou-mura.com