100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

病気の原因は、90%が活性酸素

活性酸素は老化や万病の元

 

f:id:kyotomura4592:20190807225443j:plain

過剰な活性酸素は老化や万病のもとになります。

 

活性酸素などというと、活力のある酸素かと思われる人もいるかもしれませんが、実情は全く違います。

 

活性酸素は、老化を促進し、ありとあらゆる病気に関与している〝万病のもと〟だったことがわかってきました。

 

そのため、今や医学の分野では活性酸素は注目の的になっています。

 

活性酸素は、クスリや食品添加物・ストレス・紫外線・ウイルス・排気ガス・たばこ・農薬などが原因で、がん・糖尿病・アトピーなどの現代病が発症しています。

 

活性酸素は、病気だの原因だけでなく、老化も早めています。

 

次から次に発生する活性酸素によって、

 

細胞にキズやサビがつき、シミ・シワ・アトピーなどの炎症やホルモンバランスも崩れてきます。

 

DNAを傷つきます。

 

活性酸素不飽和脂肪酸とがくついて、血流障害となる動脈硬化を起します。

 

病気を治すのは、身体に備わった治癒力です。

 

活性酸素を除去、分解するSOD酵素は、30歳を境に、どんどんと減って行きます。

 

抗酸化物質を多く摂ることが病気の予防になり、美しい身体も作ってくれます。

 

長生き健康情報 – KYOTO 健康村