100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

夜中の1時間おきのトイレが、蜂蜜クエン酸水で解消

前立腺がんと前立腺肥大症、その罹患数は、約30年間で8.4倍に増えています。

 

5大がん(胃がん、大腸がん、肺がん、肝がん、乳がん)のうち、男性が罹患する4つのがんと前立腺がんの罹患数の経年変化をみると、2012年には前立腺がんの罹患数は3位になっています。

前立腺がんは、前立腺肥大とは別の病気です。

また、いろいろなタイプがあって、進行のスピードが速い場合もあります。

前立腺の役割は、前立腺液を分泌することです。

前立腺液は精液を構成する成分で、色は白色です。

そのため精液は白く見えるのです。

前立腺液は精子に栄養を与える役割を果たしていることから、前立腺は生殖機能を支える臓器であると言えます。

前立腺がん」と「前立腺肥大症」は異なる病気

前立腺液とは、前立腺の内壁から分泌される乳白色の弱アルカリ性の液体です。る。

精液の成分の約3割を占め、クエン酸を多く含み、精子に活性を与える働きをしています。

前立腺液に含まれるスペルミンという物質は「栗の花の匂い」に例えられる精液特有の匂いの元になっています。

前立腺肥大症は、内腺に良性の腫瘍ができる病気です。

内腺は尿道のすぐ周りに存在しているため、大きくなると尿道が圧迫されやすく、排尿障害の原因になりやすいことが知られています。

前立腺肥大症の初期症状は

排尿後に膀胱内に尿が多量に残るようになります。

膀胱に貯められる尿量が減るので、頻尿になる場合もあります。

尿意切迫感か起き、急に我慢できないような強い尿意が起きます。

トイレまで間に合わずに尿が漏れてしまうようなこともあります。

前立腺がんは、初期にはほとんど症状がありません。

前立腺がんは、主に外腺に悪性腫瘍ができる病気です。

外腺は尿道から離れた場所にあるため、初期の段階では、排尿障害などの自覚症状がない場合がほとんどです。

しかし進行すると、排尿障害や血尿などの自覚症状が現れます。

がんが大きくなって尿道が圧迫されると、尿が出にくい、尿の回数が多い、排尿後に尿が残った感じがする、夜間の尿の回数が多いなどの症状が現れます。

ただしこれらは前立腺肥大症でも起こるものであり、がん特有の症状とはいえません。

がんが尿道や膀胱に広がると、排尿時の痛みや尿もれ、肉眼でわかる血尿が認められ、さらに大きくなると尿が出なくなります(尿閉)。

前立腺の上部にある精嚢腺(せいのうせん)に広がると、精液が赤くなることがあります。

さらにがんが進行すると、リンパ節や骨(骨盤や脊椎)に転移します。リンパ節に転移すると下肢のむくみ、骨に転移すると痛みや下半身麻痺を起こすことがあります。

蜂蜜クエン酸水で、前立腺がんと前立腺肥大症予防・改善

夜、1時間おきにトイレに行っていたのが、奇跡を呼ぶモリンガと自家製の蜂蜜クエンサン水の飲用で、前立腺肥大症の症状が解消。

蜂蜜クエンサン水は、癌の予防・改善にも期待でき、疲労も抜け、以前より元気になりました。

 

蜂蜜クエン酸水の作り方 奇跡を呼ぶモリンガ