100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

病気は、病院を頼っても治りません。

糖尿病と高血圧になりますと、薬をもらって医者のいいつけどおり飲んだとしても、動脈硬化が進行していずれ心筋梗塞で亡くなったりします。


病院へ行って糖尿病も高血圧がよくなった人は、ほとんどいません。

 

現在の医療は対症療法であり、根本から治療をしてはくれません。


風邪や感染症以外の病気は、ほとんど完治は不可能です。

 

保険証あれば、薬局で薬を買うより安く治療が受けられます。

 

そのせいで、多くの方は、予防の大功さを忘れてしまっています。

 

例えば、胃がんの全摘手術を受けて、「治りました」といいますが、冑がなければ、治ったとは言えません。


冑がなくなると食事制限や、新たな不快な症状が出てきて、胃がんになる前の状態ではありませんから、治っていないのです。


高血圧の薬を一度飲み始めたら一生飲み続けることになります。

 

高血圧の薬は、高血圧を治す薬でなく、血圧をコントロールする薬です。

 

病気は一度発症すると感染症以外はなかなか治らないのです。

 

健康で長生きするには、予防が大切です。

 

食事は自分の好みが反映されるため、生活習慣病につながってしまう可能性があります。

下記の項目で思い当たる点はないでしょうか。

・濃いめの味付けが好き

・野菜をあまり食べない

・ファストフードやコンビニ弁当をよく食べる

・朝食を抜いてしまうことが多い

・お腹がすいて眠れないと、つい夜食を食べてしまう

・お腹いっぱい食べないと気がすまない

・早食い

 

食後には血糖値が上がりますが、急激な上昇を防ぐためには野菜から食べることが一番です。

基礎代謝を向上させるために、たんぱく質を最初に食べるといいという意見も最近よく耳にしますが、

いずれにせよお米や麺類などの炭水化物より先に、野菜や肉・魚類を食べる方が健康的といえそうです。

 

癌は、対処療法だけでは治せない – KYOTO 健康村