100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

お風呂で、ゆっくり癌予防

がん細胞は「低糖質」「高 酸素」「低体温」という体内環境を好みます。

 

炭水化物中心の食事をし、体内環境を低酸素・低体温になりますと、がん細胞は活
動力を高めます。


反対に、がん細胞は「低糖質」「高酸素」「高体温」の体内環境では、増殖できません。

 

そのため、毎日お風呂に入って体をしっかりと温めながら、深呼吸をすることは効果的ながん予防策になります。


「冷えは万病のもと」とよくいわれるのは、体が冷えると免疫カが低下するとともに、がん細胞が増殖しやすい体内環境になるからです。


冷え性の人ほど、1日1度の入俗によって、体温を上昇させる習慣を持つようにしましょう。

 

お風呂は、少なぬるめれお湯にゆったり、体温をゆっくりと上げいくようにしますと、深品まで体を温められます。

 

熱い湯にザブンと人ってサット上がる入浴法を好む人か少なくありまぜんが、これでは体温をしっかり上げることはできません。

 

人浴は体の汚れを落とずだけでな、健康づくりに重要な時間でず。

 

長生き「老化どんこ列車」の旅 – KYOTO 健康村