100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

亜鉛不足から起きる前立腺肥大

亜鉛は、細胞分裂がさかんなところに集中するミネラルです。

 

亜鉛不足でよく知られる症状は「味覚の低下」、味がわからなくなることです,

 

味覚を感じる舌の細胞は、細胞の入れ替わりが早いので、たくさんの亜鉛を必要
とします。

 

亜鉛が不足すれば、味覚機能が低下します。


ほかに細胞の入れ替えが早いところは、髪の毛。

 

亜鉛不足しますと、フケが出やすくなります。

 

抜け毛が増える原因にもなりまず。

亜鉛が足りなくなってくると、性欲低下や勃起不全が起こります。

 

精子の生成には亜鉛が不可欠だからです。

前立腺にも亜鉛が多量に含まれています。

 

前立腺肥大は、テストスデロンという男性ホルモンが減ってきだときに、それを補おうとずる過剰反応で起こります

 

組織を増やさなければという反応が、かえって悪く出てしまうのです。

 

亜鉛を十分に補い、前立腺の性能をよくしておけば、多少のテストステロン力減少しても、肥大という過剰な反応を抑制することができます。


亜鉛を多く含む食材は、赤身の肉やレバー肉、魚介類、代表的な食材牡蠣です。

www.kyoto-kenkou-mura.com