ガンはガンから生まれるのでなく、腸と血の汚染からで

悪性ガンは、腸から治せば再発しにくくなります。

 

抗ガン剤治療を受けた後の血液の状態は、ボロボロで、毒性で全身の血液細胞がやられてしまいます。

 

これがさらに新たなガン細胞を作る血液となり、いくらガン組織を破壊しも、小さくしても、全く意味がなく、再発や転移を繰り返すだけになります。

 

断食のような少食で宿便を出して腸内を一掃する事から始めないと、本当にガンは治りません。

 

ガンはガンから生まれるのでなく、腸と血の汚染からで、根本的な原因を絶つ事は自分でしかできません。

 

血液は腸で作られ、血液が細胞になるとなれば、浄血で重要なのは、腸内の浄化と食事を改める事です。

 

ガン患者の腸は、猛烈に汚れていて、宿便が膨大に溜まって汚染血液が生じているのです。

 

これがガンの根本的な発生源であり、ガンはガンから生まれるのではなく、汚染された腸から、汚染された血液になり、ガン細胞へとなるのです。  

 

これを取り除けばガンの発生源が浄化され、新たなガンは出来難くなるという事です。

             

 がんは、血液の汚れが大きな原因で、血液は腸で造られています。

  

腸管造血とそれによる腸管免疫をよくするのに、善玉菌を増強し、腸をきれいにする3兆個濃縮乳酸菌を摂取することは、とても良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていることです。

 

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるのですから、さまざまな病気に効果があっても不思議でもありません。

 

抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」を摂取すれば、抗ガン剤治療効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです

 

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方をしてくれます。