腸が弱くなると、絶対に病気になります

人間の体にはもともと病気を防ぎ、治療する自己免疫力が備わっています。

この免疫力の60~80%は腸が担っています

 腸は外都から取り入れた食べ物の栄養素を体の中 に吸収する器官です。

同じょうに外部から入り込んだ病原体も、腸から体の各部に侵入しようとするの
です-

それを防ぐため、腸には免疫機能が集まっています。

 

 抗体は、腸で沢山作られます。   

健康な腸壁の内側は粘液で保護されています。

こ の粘液は栄養を摂り込みますが、大きな病原菌をど は通しません。

しかし、腸の健康が損をわれてしま うと保護機能が十分に働かず、病原菌が腸壁から体
内へ入り込んでしまいます。 

                    
また・細菌やウィルス、がん細胞などを攻撃する抗体は腸のずぐ近くで作られています。
さまざまを病気を予防するためには、まず腸の健康を維持することが大切です。

腸の不調は万病の元と言っても過言ではありません。

 

細菌が免疫細胞をサポート

人間の持つ免疫細胞にマクロファージという白血球の仲間がいます。これは全身に存在し、外部から入った病原菌などを飲み込んで無力化します                
                             
また劣化した細胞などを処理する清掃屋の役割を果たし、若々しい体づくりには欠かせない存在です。

 

自然界に住む細菌の中には、このマクロファージ を活性化させる物質を放出するものがいます。 

 

豊か自然で育ち、食物繊維をたっぷり含んだ野菜を食べると免疫細胞がパワーアップします。     

 

www.kyoto-kenkou-mura.com