糖尿病の方は、健康な方の2倍歯周病に・・・

糖尿病の方は、健康な方に比べ、血液状態が悪いために、血管がもろく傷つきやすい状態になっています。

 

その結果、毛細血管も傷みやすく、そこから歯周病菌が侵入します。

 

糖尿病を発症した方は、免疫力が低下しているために、歯周病菌を抑える事ができません。

 

歯周病菌になりますと、炎症性サイトスインという歯茎の傷から血液中に流れ込み、血糖値を下げるインシュリンの働きを阻害するようになります。

 

血糖値の高い方は、インシュリン効果を弱めて、糖尿病への移行を助長されます。

 

歯周病の方は、脂肪肝になる方が増えています。

 

一度、歯医者に行って、正しいオーラルケアを教えて頂いて、生活習慣病を防ぎましょう。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com