腸内環境を整えるタイミング

現代人が悩まされる体の不調は、すべて腸内にいる「乳酸菌」と関係しています。

癌、インフルエンザ、アトピー性皮膚炎、花粉症、便秘・下痢、肌荒れ、肥満、潰瘍性大腸炎、ピロリ菌、高血糖、高血圧、高尿酸値、脂質異常症歯周病、虫歯、ストレス、うつ状態……。

乳酸菌がいる「腸内フローラ」の原型は、3歳までに作られると言われています。

腸内には乳酸菌などの善玉菌のほか、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌が存在していて、グループごとに固まって腸壁に広がっている様子が花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

善玉菌は食べ物の消化吸収を促進し、腸の粘膜に栄養を与え、ビタミンを合成し、悪玉菌の影響を抑制し、腸内をクリーンに保ちます。

悪玉菌は食べ物の腐敗を進ませて有毒物質を作り出します。ただし、悪さをするばかりではなく、たんぱく質を分解するので、悪玉菌も必要なのです。

日和見菌は、善玉菌、悪玉菌どちらにも属さない菌で、腸内に最も多く存在しています。

腸内環境において優勢な菌に同調する菌。例えば、腸内環境が悪化している時は悪玉菌が優勢なので、日和見菌は悪い方に加担します。

善玉菌2、日和見菌7、悪玉菌1のバランスが理想的だと言われています。

そして善玉菌を増やすのに欠かせないのが「濃縮乳酸菌」です。濃縮乳酸菌が腸に入ってくると、もともといる善玉菌の母菌が元気になって増えていくのです。

過剰に除菌された清潔すぎる生活環境、善玉菌をも殺菌してしまう抗生物質の摂取、肉類が多く、食物繊維が少ない食事などで、現代人が摂取する乳酸菌の数は減り、腸内の善玉菌も増えにくくなっています。

乳酸菌力がない人は、腸が荒れているのですぐにケアが必要です。また、加齢とともに善玉菌が減ってくるので、乳酸菌の摂取はとても重要なのです。

善玉菌を増やすタイミングがあります。

腸内フローラの“生息地”である腸壁はスペースが限られているため、善玉菌、悪玉菌は常に縄張り争いをしています。少しでもスペースが空けば、自分の菌を増やしたいと互いに働いています。

善玉菌を増やすタイミングは、空腹時や下痢や抗生物質によって乳酸菌が流れ出した時が腸内菌が空地となり、このタイミングに、濃縮乳酸菌を積極的に摂って増やすがよいタイミングです。

このタイミングに肉やお酒を摂ると、悪玉菌のエサを投入されたことになり、悪玉菌が増える事になります。

www.kyoto-kenkou-mura.com