うつ病になるのは、脳の栄養不足から

うつの病気は、うつ病になりやすい性質である遺伝的要因、几帳面で責任感が強い方、他人からの依頼を断れないない方、ストレスを溜めやすい方に多く、 環境の変化、睡眠不足、運動不足、食生活の乱ね、身体の病気、薬の影響 といった環境的要因など、複数の要因が重なりあって発症しています。

 

うつ病には、ミネラルなどの栄養不足による神経伝達物質セロトニン、ノアドレナリン脳の物質不足で・・・・・。

 

朝・昼・夜の3度の食生活をしてない方

 

パン、麺類、カルビーや砂糖を含んだお菓子など、糖質の多い食生活をしている方

 

仕事が忙しくて、一度に食べるドカ食をする方

 

偏った食生活をしている方に発症しています。 

 

脳は、丁度いよい血糖値を保っていると、精神状態も安定し、やる気が出てきます。

 

甘いものや糖質の多いものを食しますと、血糖値が急激に上がり、脳にとっては、よくないことです。

 

血糖値が急激に上がる生活を続けていますと、血糖値が上がらくなったり、低血糖になったり、機能バランスが壊れてきます。

 

低血糖になりますと、イライラしたり・不安になったり・恐怖心がおきたり・やる気がなくなります。             

 

脳の組織や神経伝達物質を作るには、ビタミンB群、鉄分なども必要です。

                                                                   

これらは肉、魚、大豆製品に多く含まれるもので、主菜をしっかり食べることが大切です。

 

アミノ酸は、たんぱく質の構成成分であることから、たんぱく質の多い食品に含まれます。

豆腐や納豆、肉、魚、チーズなどにはトリフトファンを多く含む食品です。     

 

うつ病の方の方は、悪玉菌が優勢になっていますから、腸環境を改善する為には、食生活を見直して、乳酸菌を1日1兆個以上摂取して、腸内環境を整えましょう。     

www.kyoto-kenkou-mura.com