癌も老化も防ぐ活性酸素対策

活性酸素対策は、禁煙することが基本で、活性酸素に強いのは植物を摂る事です。

 

植物は、太陽光線を浴び、強い陽射した中で育つ植物は、紫外線を避けることもできませんので、紫外線によってつくられる活性酸素に対応するために、ビタミンC、βカロテンなどさまざまな抗酸化物質を蓄えて消去しています。

 

植物から作り出されるミネラルは、人の抗酸化酵素の材料となり、抗酸力を高めてくれますから、癌や老化をふせぐために、今よりもっと、野菜をたくさん食べてください。

 

 

近頃の野菜は、レタスやキャベツ、白菜などの野菜は、昔と比べて、ミネラルなど栄養分が不足していると言われていて、農薬や化学肥料も残留しています。

 

 レタスやキャベツ、白菜など、野菜を冷蔵庫に保管する時に、カルマックス(水溶性イオン化カルシュウ)を使用しますと、簡単にミネラルが補給でき、農薬や化学肥料を中和することができます。

 

ミネラル補給法は、 

カルマックス(水溶性イオン化カルシュウ)500倍液に1~2分浸してビニールの袋に入れるかラップで包んでから冷蔵庫に保管しますと、ミネラルやカルシュウムが野菜に加わり、美味しさを倍増し、パリットとした歯切れのよい野菜になります。

 

食べる時も、再度500倍液に浸しますと、野菜本来のみずみずしさを取り戻し、ミネラルやカルシュウムが野菜に加わり、美味しさを倍増し、パリットとした歯切れのよい野菜になります。

 

 野菜に含まれている農薬や化学肥料を中和

カルマックス(水溶性イオン化カルシュウ)を使用しますと、野菜や果物に付着した農薬や化学肥料を中和してくれて、体に優しい自然の野菜になります。

www.kyoto-kenkou-mura.com