生命維持に足らない珪素

生命維持に欠かせない必須ミネラルは16種類 あり、身体が正しく機能するために、一日に必要とされる摂取量が100mg以上です。 

 

身体からケイ素が不足しますと

血管組織がもろくなる・抜け毛・皮膚のたるみ・くすみ・ 爪の割れ ・骨がもろくなる・ 免疫力の低下 ・無気力・イライラ・便秘・アレルギー

 

人間の体内で作り出すことができないため、サプリメンとして補っているのですが、 ドイツでは、常備薬的な用い方をされており、10年以上サプリメント部門ではトップとなっています。

 

ケイ素は、日本でこそ馴染みの薄いミネラル成分ですが、医療先進国のドイツでは、 健康・美容のためにケイ素不足の解消が不可欠ということがさまざまな臨床試験等で証明されております。

 

カルシュウムが不足しますと

カルシウムは骨を健康にするだけではなく、イライラした気持ちを抑え、肩こりや腰痛なども和らげる効果があるといわれています。豆腐、乳製品、青菜などを意識して摂るようにしましょう。

 

鉄分が不足しますと

貧血やめまい、動悸などの症状は、鉄分不足のサインかもしれません。鉄分を多く含むほうれんそう、レバー、ひじき、納豆などを積極的に摂りましょう。

 

食物繊維が不足しますと

便秘などの腸内環境改善に良いとされる食物繊維は、大腸がんや高血圧、動脈硬化などを予防する効果があるといわれています。一日の食事に、食物繊維を多く含む根菜類、豆類、いも類を必ず摂る習慣をつけましょう。

 

ビタミンが不足しますと

ビタミンには体を助ける様々な効能があります。例えば豚肉に多く含まれるビタミンB1は疲れに効果的といわれており、ビタミンAやCなどは免疫力を高め、肌荒れなどの症状がある場合もオススメです。Aはレバーなど、Cは野菜や果物に多く含まれるので、欲しい効能を意識し、積極的にビタミンを摂りましょう

 

www.kyoto-kenkou-mura.com