認知症予防に欠かせないビタミンD

「同じことを何回も話す・尋ねる」「物の置き忘れが増え、よく捜し物をする」に当てはまる場合は、記憶障害が疑われます。
「以前はできた料理や買い物に手間取る」「お金の管理ができない」場合は、物事を順序立てて考えたり実行したりすることができない実行機能障害が疑われます。
「ニュースなど周りの出来事に関心がない」「意欲がなく、趣味・活動をやめた」といった意欲低下は、認知症の初期にみられる特徴的な症状です。
「怒りっぽくなった・疑い深くなった」場合は、認知症の症状によって物事がうまくいかない心理的な要因が影響していると考えられます。たとえば記憶障害によって、財布などの置き場所がわからなくなると不安感が増し、疑い深くなります。

 

認知症は、脳の栄養不足などが関わっていて、ビタミンDの補給は、脳の老化や認知症予防に効果があります。ビタミンDは、脳の神経細胞を酸化ストレスから守ることで、脳の老化や認知機能の低下、うつ病などを予防してくれ、神経のバランスを整える作用があります。

 

認知症予防に

モリンガは、ビタミンDの栄養補充だけでなく、体内に蓄積している食品添加物・合成保存食・防腐剤などの化学物質を排出し、免疫力や治癒力を高めてくれます。現代病や認知症予防にお奨めしたいしたい栄養食品です。可食植物で、一番高い栄養素をほこるワサビ科の植物で、90種類の栄養素と300種類の薬効果効能、46種類の抗酸化物質、36種類の抗炎症物質、オメガ不飽和脂肪酸、生きていくのに必要不可欠なアミノ酸19種類の全てが含まれています。

認知症改善体験談 – KYOTO 健康村