病気の事を少しだけ 忘れてみませんか。

病気が治るか治らないか、その決め手となるのは、医者でも医療でもありません。治るのを決めるのは、年齢でも遺伝子でも環境でもありません。治るのを決めるのは、自分の「気持ちの強さ」です。

病気が治るか治らないか、健康か病気を決めているのは、「心の回復力」です。

「心の回復力」回復力の在る方は、病気になっても早く治りますが、「心の回復力」の低い人は、治療してもなかなかよくなりません。

昔から「病気は気」からと言われていますが、物事を前向きに受け取る方、感謝の言葉が多い方は、病気も早く治ります。

反対に不平不満の多い方、物事を悲観的にとらえる方は、病気を呼び寄せ、治り遅くなります。

健康になる為には、病気の事を忘れる事も大切です。

例えは、腰か痛くて、買い物にも仕事にも行けない方が、大好きなコンサートに行け、何時間も立ってコンサートを楽しんだり、旅行に行って何キロも歩けたりします。

病気の症状は、意識すればするほど重くり、他の事に気が向くと軽くなって行きます。

病気の事を、片時も忘れなく気にしますと、何時までも悩まされることになります。

ある動物実験で、音楽を聴かせたのと聴かせないだけでも、寿命が違ってきます。音楽を聴かせた動物は、聴かない動物の何倍も長生きできています。

 

 

プロテサンは、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるプロテサンFK-23菌は