ストレスホルモンを減らすプロテサン

腸内細菌は人間の体にとって欠かせない、さまざまな物質を産出しています。

なかでも体を正常に働かすためのホルモンがあります。腸内フローラが正常であれば、ホルモンもスムーズに作り出されます。

腸内フローラは、心と密接につながっていて、ストレスを感じると、腎臓のそばにある副腎からストレスに反応するホルモンが分泌されます。

このホルモンは危険や脅威が迫っているときに、解決するためのエネルギーを作る作用で、これが過剰に分泌されますと、腸内フローラが乱れ、体調が不調になります。

乳酸菌なとを摂取し、腸内フローラを整えれば、ストレスホルモンが減少します。

腸内細菌が関わるホルモンは

メラトニン 睡眠にかかわるホルモン。体内時計を調整し、副交感神経を優位にする。

 

セロトニン 心と体の安定、気持ちの安らぎに関わるホルモン。

      腸のぜん運動にも関わっています。

 

ドーバミン やる気や快感、運動機能に関わるホルモン。

      行動を起こした際に分泌されます。

 

女性ホルモン美肌や女性らしい体づくりなど、若々しさを保つホルモン。

 

男性ホルモンのひとつ、テストステロンが“下半身”だけに関係するホルモンと思ったら大間違で、肥満や生活習慣病、さらには性格や職業選択といったメンタル面にまで影響を与えることが、最近の研究から明らかになっています。

 

健康に腸内フローラが、大きく関わっていますから、プロテサンを摂取し、腸内バランスを整えましょう。 

基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれる 

プロテサン – KYOTO 健康村