プロテサンは、ヤセ菌とデブ菌のバランスを整える

腸内細菌の性質はさまざで、人体にとって良い影響を与えるのが「善玉菌」、悪い影響を与えるのが「悪玉菌」そのどちらでもない「日和見菌」が棲んでいます。

健康のためには、「善玉菌」と「悪玉菌」、「日和見菌」の腸内フローラのバランスが重要になり、太りやすい人痩せやすい人の違いは、腸内細菌のバランスによって決まっています。

腸内細菌には、痩せる人に多い「ヤセ菌」と太る人に多い「デブ菌」いて、どちらもの日和見菌の一種で、「ヤセ菌」は善玉菌を好み、デブ菌は悪玉菌を好む性質があります

腸内にデブ菌が多い人は、食べ物からたくさんのエネルギーを取り出せるようになります。食べる量を減らしていても太ってしまうのです。

腸内フローラを改善して、善玉菌を増やせば、悪玉菌の勢力が弱まって、デブ菌の活動が抑えられます。

デブ菌は、食物繊維の少ない高カロリーな食事を好み、ヤセ菌は、食物繊維が多い低カロリーの食事を好みます。

 

プロテサンFK-23菌を常用し、善玉菌を増やしてやれば、デブ菌の活動を抑えて、肥満を防いでくれます。

 

プロテサンは、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるのて、あらゆる病気を遠退けてくれます。

プロテサンFK-23菌は