認知症のリスクが高い糖尿病

認知症にはいくつかのタイプがあり、よく知られているアルツハイマー病以外に、脳の血流障害によって起こる「血管性認知症」があります。

 

糖尿病の人が血糖コントロールの不良の状態が続くと、血管性認知症の発症リスクが上昇します。

血管性認知症とは、脳の血流障害により起こる認知症で、脳の血管が詰まる脳梗塞や、脳の血管が破れる脳出血などで、脳の一部の神経細胞が死滅するために起こる。

 

脳小血管病は、脳の細い血管に起こるが、多くは症状がでない「無症候性ラクナ梗塞」や「無症候性微小脳出血」で、障害の起きている範囲が小さいため、症状が現れにくく、本人が気付かないうちに病変の数が増えてしまうことがあります。

 

ラクナ梗塞や微小脳出血は、40歳以上の健康な人でも1~2ヵ所はみられ、数が少なければ影響は小さいが、多くなると認知症の症状が現れてきます。

糖尿病の人は加齢に伴い数が増え、脳小血管病による認知症になりやすくなります。

プロテサンFK-23菌は、善玉菌を増やし、腸内環境を整えることによって、きれな血液を作り出す乳酸菌サプリ。基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるのて、病気を治す為の強い味方をしてくれます

あらゆる病気を遠退けるプロテサンFK-23菌