癌が減らない日本

医療が進歩しても、癌が減らないのは・・・・

クスリや農薬、添加物、化学物質などの体内蓄積によるものです。

 

1歳から6歳までの子供さんの農薬や添加物などの化学物質の摂取量、1日12630mg、年間では4599gつまり約4.6Kgもの化学物質を食べています。

1歳の子供さんの平均体重約10Kg程度で、自分の体重の半分の食品添加物、化学物質を食べていることになります。

 

コンビ二やスーパーの加工食品、クスリ、外食産業の食品を食べている人は、摂取量は2倍3倍に増えて行きます。

 

農薬や添加物は、体には必要ないもので、無添加や無農薬の食品を食べない限り、農薬や添加物は、体内に蓄積し、血液を汚しアレルギーや生活習慣病を作り出します。

食生活を変えない限り、医療は進歩しても病気になる方は、さらに増えて行きます。

  

興味深い例として、

アトピーや花粉症の方が、お寺に出家されますと、食生活が和食生活に変わるために、全員の方がアトピーや花粉症が改善されるそうです。

 

海外の大学かハイスクールの学食で実験として、全ての食品を無添加や無農薬の食品に変えたところ、学校全体の成績が何10%も上がり、授業態度の改善や出席率も上がったそうです。

 

農薬や添加物等の研究関係者によると、食品添加物も問題がありますが、それ以上に農薬のほうが危険との事です。

野菜よりも、特に、動物性たんぱく質(いわゆるお肉等)の脂肪に入り込んでいるものは排泄が困難とのこと。お肉に農薬なんて?と思うかもしれませんが、餌として与える穀類や野菜、草などには農薬がかかっていますし、遺伝子組み替えの雑穀なども使われているのが現状だそうです。

 

免疫力の強い人ならば、目に見えるような影響は出にくいですが、最近は母親の母乳などにも農薬や化学物質の影響が出てきています。

生まれつきアレルギーをもっている子供なども増えていて、目に見えない化学物質の蓄積は免疫力の弱い方や、子供達に影響が大きいようです。

 

プロテサンFK-23菌は、善玉菌を増やし、腸内環境を整えることによって、きれな血液を作り出す乳酸菌サプリ。基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるのて、病気を治す為の強い味方をしてくれます

プロテサンは、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれます。

プロテサン – KYOTO 健康村