酸性体質は、癌の再発や転移しやすくする体質

体の調子の良い人は、アルカリ体質性体質状態ですが、がんを発症している方は、酸性状態になっています。

酸性状態は、癌細胞が増殖しやすくエネルギーも作りやすい、がん細胞の敵の少ない環境になっているのです。

血液は、正常なpHの値は、6.8から7.8の範囲で調整されていて、一般にpH7.35から7.45の間が基準値とされており、血液はアルカリ性が一番良い状態とされています。

しかし、この状態が本の少しでもずれると体の機能は悪い方向へ向かいやすくなります。

がん細胞は体の部分的pH5程度の酸性が強くなることで増殖しやすくなるといわれています。 体内の毒素の排泄がうまくできていないと血液は酸性に傾きやすくなります。

空気からの大気汚染物質、農薬、食品添加物、海洋汚染物質も体からできた毒素同様に酸性に傾ける要因になります。

毒素を排出する為に、積極的にトイレに行く機会を増やすようにしましょう。 そのためには、水分を摂取して尿を出し、お通じをよくする食生活へ切り替えるることが大切です。

 

糖質は控えめに、糖質が過剰になると、酸素と反応しないでエネルギーを作るために、乳酸が作られやすくなります。

乳酸が溜まると、細胞および組織は酸性に傾きやすくなります。 がん細胞では、この反応が進行しやすく、がん細胞が多いほど酸性の環境を作りやすくなります。また、酸性になりますと、免疫の機能がうまく働かなくなりがん細胞が増殖し続けてしまうのです。ジャンクフードやお菓子からの糖質の摂取は控えるようにしましょう。

 

プロテサンのFK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。

プロテサンFK-23菌は