癌を治せる人は、血液を造る腸環境を変えれる人

癌になった方と健康な方の赤血球の形態が違い、癌の方の赤血球の形態は、歪んでいて丸くなく、ギザギザしたり、細かったり、歯車状になっています。

癌の方は、正常な形態の赤血球が、とても少なくなっています。

「食べ物は血となり肉になる」という大昔からの言葉がありますが、血液は、腸でつくられてます。

赤血球の形態は、食事の質、意識の良し悪しが、赤血球の形態に大きく関わっています。

腸から吸収された栄養その他ミネラルなどは、赤血球の中で元素に転換して、違った形で吸収され、肝臓で栄養物の処理、貯蔵、解毒、代謝などがされて血液となります。

その時に、食べ物が悪かったり、意識が悪かったりしますと、よい赤血球は造られません。よい赤血球が造られないと、良い肉体は、つくられません。

 

よい血液をつくるために、腸をかえる濃縮乳酸菌 

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/purotesan-modem-disease/