骨は若さを司る臓器

骨の密度の低下は、記憶力の低下・免疫力の低下・精力の低下・筋力の低下などの症状が現れてきます。                     

 

カネシュウムは、日本の食卓で唯一足らない栄養素です。

骨粗しょう症予防に、さまざまなメディアを通して、カルシュウムの必要が言われています。

カルシュウムは、「ミネラル」の一種で、金属塩になります。

ミネラルは、陰イオンと陽イオンに分類されます。すなわち塩素、硫黄、リンの3種類を陰イオン、カルシュウム、マグネシュウム、カリゥム、ナトリュウムの4種類を陽イオン、別の名を「生命維持必須ミネラル」です。

 

細胞は、人体の基盤で、細胞内液と細胞外液からできています。細胞外液にはナトリウムか、内液にはカリュウムが満たされています。

                                 f:id:kyotomura4592:20180108143937j:plain

 

カルシュウムとマグネシュウムは、ナトリュウムとカリュウムのバランンスを調整する役目を持っていて、このバランスか壊れてきますと、恐ろしい現代病が起きて来ます。

カルシュムだけの補助食品や薬を食べても、吸収率が悪く非効率であるばかり、細胞のの内・外液バランスを整えることが難しいです。

 

「カルシュウムとマグネシュウムと一緒に摂取してこそ真価を発揮できます」。

 

骨は、2月~2年サイクルで、替えられ、成長期の子供や骨粗しょう症の方だけが必要と思っていたら大きな間違いで、必要な量のカルシュウムをとれなければ、新しい骨をつくることができなく、削りとられる一方になります。

 

水に溶けたカルシュウムだと、簡単単に補うことができます。

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/calmaxs/

             f:id:kyotomura4592:20171015043610j:plain