転移しやすい膵臓がん

膵臓がんは診断時に、腹痛や腰背部痛といった痛みが現れていることが多い。膵臓がんと新たに診断されるのは、男性に多く、年齢別では、60歳ごろから増え、高齢になるほど多くなる。

 

早期発見が困難

膵臓は、胃の後ろ側に位置し、長さ20cmほどの細長い臓器。

体の深部に位置すること自体が、がんの発生が発見しにくい。さらに、膵臓がんの早期では、ほとんど症状が無く、進行がんになると「胃が重い」「食欲不振」「腰背部痛」「体重減少」であり、膵臓がんに特異的な症状がないことが早期発見を遅らせ、ステージ4期になると胆管が閉塞して黄疸や黄疸尿が現れてきます。

 

慢性膵炎でもよく似た症状が起こる。

さらに、膵臓がんと診断された時点でも12.4%の患者は全く症状が認められない。

 

膵臓がんは、転移しやすい

膵臓には血管やリンパ管とつがる管があるため、リンパ管や静脈への浸潤が起きやすくリンパ節転移も高確率で認められ、膵臓がんは発見された段階ですでにステージ4(肝臓・腹膜・肺などの他臓器に転移している状態)であることがほとんどです。

7~8割の患者が外科手術ができなく、たとえ切除可能でも早期に再発する率が高い。

 

膵臓がになる要因

喫煙は膵臓がん発症の危険性を2~3倍に増加、肥満ではBMI(肥満指数)が30以上で男性では3.5倍、女性では1.6倍に増加、糖尿病で1.85倍とされている。

慢性膵炎がある場合も膵臓がんの危険性が増すと指摘されている。

特に若年時に過体重である場合には、膵臓がんリスクが最も増加するといわれており、運動習慣や青魚などの不飽和脂肪酸を含む食事がリスクを軽減する

全ての癌の原因は、腸内環境の悪化によって造られる血液で、癌を寄せ付けないために、毎朝の便で、健康チェックをしてください。

 

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。https://www.kyoto-kenkou-mura.com/protesans/

 

       f:id:kyotomura4592:20180106133730j:plain