カルマックスを数滴で、コクのある牛乳に・・

                 f:id:kyotomura4592:20180104192020j:plain

最近の牛乳は水っぽくてコクがなく、美味しくありません。その原因は、エサや飼育時の飲み水の間題や、高湿殺菌や乳脂肪分の調整などさまざまな事が考えられます。

一番問題になるのは、人的作業のために貴重なカルシウム源である牛乳の栄養バランスが崩れてしることです。
高湿殺菌した牛乳のカルシウムは、不溶性のカルシウムに変貌しやく、吸収しづらいカルシウムがさらに吸収しにくなっていることです。

効果的にカルシウムを取り入れるためには、カルシウムがイオン化されていることが望
ましいのです。

そのために、ぜひ水溶性イオン化 カルシウムを活用して、カルシウム補給してほしいものです。

100mlの牛乳に、水溶性イオン化 カルシウムを2~3滴入れるだけで、カルシュウムか吸収率がUPし、おいしいコクのある牛乳に変わります。

 

カルマックス使い方(料理関連)

カルマツクス使い方(生活関連)