日本人の3人に1人が癌で亡くなる

日本人の2人に1人が癌 になる

あまり知られていない不可解な事実がある。先進国の中で日本だけ、がんの死亡数が増加し続けているという。わが国の医療は世界トップレベル—だからといって、安心してはいられない。

日本人の3人に1人が癌で亡くなる

先進国の場合、高度な検査設備があることで、従来ならば見つからなかったレベルの早期のがんが発見され、患者数が増加しているという側面もある。だが、その場合、見つかったとしても高い治療技術があれば、がんを治すことができるはずだ。医療設備が整った先進国では、がんによる死亡数が減少するのが当然である。

先進国の中でも、日本の医療はトップクラス。「とくに手術の技術は、世界一」とも言われる。そんな日本でなぜ、がん死が増え続けているのでしょうか。

 

日本で話題の免疫治療法、アメリカでは、医師が患者に免疫細胞療法を施していることが発覚した場合、逮捕されてしまいます。

アメリカ医療を知ることで、日本では当たり前のように行われているガン治療が《安全ではない可能性もある》ことを理解しておく必要があります。

 

食べ物は、病気と深い関係があり、人の人生を変えてしまうほど重要なもので、医者に治療の全てを任せてしまうのでなく、癌にならない食生活、癌を治す食生活をするために、死の4重奏から救う乳酸菌を補いましょう。

 

 

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。

 プロテサンFK-23菌は