癌を治す食べ物

現在の医療は、検査が主で、病気の原因が追究されない。

病気になった時に、「薬を飲んだけれどもよくならない」「かえって悪くなった」などと聞く場合がありますが、薬が効かないのでなく、食べている物に原因があることを、本人も医者も気付けてないのです。        

 

食べ物は、病気と深い関係を持っていて、人の人生を変えてしまうほど重要な因子で、なかでも白砂糖や油脂などは、かなり深い病気の原因となっています。

         

     f:id:kyotomura4592:20180101071541j:plain

よい血をつくる食事

1.主食  玄米食+雑穀+生胡麻をよく噛んで食べる

2.無農薬の野菜や海草、味噌汁を中心としたおかずにする

3.発酵食品を積極的に食べる

4.動物タンパク質の食べる回数を減らす

5.陰陽のバランスのとれたおかずを選択する

6.体によい薬草茶を飲用する

7.体によいよい自然水を飲む

8.抗酸化の穀物の粉を積極的に摂取する

 

陽の食べ物

1.ナトリウムの多い飲食物 2.小さく硬いもの 3.ゆっくり育つもの 4.水気のすくないもの 5.寒い土地でとれるもの 6.根のみの 7.食べると体が温まるもの

 

陰の食べ物

1.カリュウムの多い食べ物 2.大きくやわらかいもの 3.早く育つもの 4.水分のおおいもの 5.暑い気候でとれるもの 6.葉菜類 7.食べると体が冷えるもの

 

ナトリュウムは細胞外液で、カリュウムは細胞内液に存在し、健康バランスを整えてくれています。

 

 

 FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です  

プロテサンFK-23菌は