食卓の味が根本から変えるカルマックス

パン・コーヒー派が増えていますが、やはり栄養面や腹もちがいい、などの理由から、「朝ごはん」が見直されています。
そこで食卓の必需品となるのが、味噌と醤油です。どちらも大豆を主原料にする日本を代表する調味料です。

米や大豆の殻類は、カルシウムやマグネシウムカリウムなどミネラルを含んでいて、それが多く含んでいるほどおいしくなります。

味噌・醤油に水溶性イオン化カルシウムを添加すれば、カルシウムやマグネシウムカリウムなどミネラルなどが増え、風味がさらにアップします。

味噌汁など水に溶けている塩分を中和し、まろやかな味にしてくれます。

 

味噌は、味噌汁や味噌あえなど料理に使用するときに、味噌10一12グラムにたいして水溶性イオン化カルシウムを4~5滴。
醤油は、100ミリリットルに水溶性イオン化カルシウム約6滴

1リットルの場合は、水溶性イオン化カルシウムをティースプーン1杯

朝ごはんがグーンとおいしくなります。

 

水溶性イオン化カルシウムは、割烹・寿司屋・ホテル・レストランなと多くの処で使用

されています。

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/calmax-500/

       f:id:kyotomura4592:20171226141933j:plain