癌になると食欲も体重も減るのは

食欲も落ち、体重も減ることは、抗がん剤に対する抵抗力も低下していることになります。

癌になって痩せていく理由は

1.癌細胞が正常細胞を破壊して、タンパク質を奪うため

2.慢性の炎症によって体内の栄養分を消費するため

3.抗がん剤の副作用による食欲低下

 

タンパク質は身体が作る大切な栄養素。これが足りなくなると免疫細胞が弱り、体内の抗がん剤を解毒する力が低下しているからで、体重が治療開始時よりも15%落ちた場合は、抗がん剤治療の継続を考え時です。

 

 

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてく、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方です。

プロテサンFK-23菌は