癌を治す心

癌を克脱する場合、食事療法に加えて、さらに深い深い原因となるものを避けなければなりません。

なぜなら、どんなに良いものを食しても,悪い心があっては何もならないからです。

悪い心とは、すべての欲、怒り、短気、恨み、増しみ、悲しみ、不平・不備、不安、落ち込み、悪口、嫉妬・ねたみ、猜疑心、こだわり、そして、ストレスなどなどです。

この心が出現すると、食事療法の意味がなくなります。

なぜかと言うと、悪い心が出現すると、交感神経が過度の緊張感を起こすからです。

交感神経が過度の緊張感が増しますと、胃腸の働きを抑制し、胃腸の働きが悪くなり、腸内の腐敗物が急激に増殖して、悪玉菌が増え、胃炎が起きてきます。

 

最後に病気を治す心は

病気をよくするのも悪するのも自分の「心」が決めているのです。

よい心、よい意識でないと、病気は治りません

心がうれしいとき、楽しいとき、体の細胞が活性化され、エネルキーとなります。

 

病気を治す食生活

腸内で腐敗を起こす物質や食品を摂らない

善玉菌が繁殖する食事を摂る

 

水が健康をつくる

よい水とは、ミネラルがバランスよく溶け込んだ水です。よい水であればおいしく飲め、体内へのミネラル吸収率が高く、その吸収の過程で有害な物質も発生しないので、体に良い状態で導いてくれます。

市販のミネラルウォーター

ミネラル粒が大きくて体内に吸収しぬくい

ミネラル粒が体内にたまり、結石の原因になる

               

           f:id:kyotomura4592:20180101081523j:plain

 

よい水

ミネラルイオン分子が水中に存在しているので吸収しやすい

細胞膜を自由に行き来できるので残留物が無く、健康に優れています。

 

 

体によい自然の水が、簡単に家で作れる  

https://www.kyoto-kenkou-mura.com/calmaxs/